幼児教室の選び方について

当サイトではそもそも子供を通わせる幼児教室とは幼稚園とどこが違うのかという点をはじめ、幼いうちから幼児教育のための教室に通わせることのメリットなどについてご紹介しています。
レッスン内容では、例えば隠れた能力を伸ばす美術レッスンなどに関する内容も提供しています。
また、大切なわが子を通わせる教室を選ぶ時に参考にしたい口コミのチェックの仕方や料金の目安など、家庭の経済状況にも関わってくる大切な問題についてもわかりやすく情報をお届けします。

幼児教室と幼稚園の違い

幼児教室と幼稚園の違い 幼児教室では言葉や計算などのお勉強的なことも習いますが、それだけではなく、コミュニケーションや遊びを通して子供の自主的な能力を伸ばすことを重点に置いているところが少なくありません。
幼稚園は国が定める共通の教育課程に基づいた教育が受けられる場所であるのに対して、幼児教育はいわゆる習い事の一つという違いがあります。
近年幼児教室では乳幼児のうちから一方的に押し付ける勉強法ではなく、子供の自主性を伸ばすことが重要という考え方に基づいているところが増えています。
中には小学校受験を目的とした幼児教室もありますが、わが子を通わせる教室は家庭の教育方針に合ったところで、なによりも子供にとって最適な教室を選ぶことが大切といわれています。

伸ばしたい能力に合わせて幼児教室の種類を選ぶ方法

伸ばしたい能力に合わせて幼児教室の種類を選ぶ方法 子供の才能を伸ばすために教室に通わせたくても、どの習い事を選んだらいいのか分からない時には、伸ばしたい能力に合う幼児教室の種類を選ぶ必要があります。
日本国内には数多くの教室があり、英語などの知識を得られるだけでなく感情を豊かにするための教室もあるので、まずは目的に合うものを見つけてください。
英語は早い時期から学ぶほど音を聞き分ける能力が身につきやすいので、子供向けの英語教室を利用する家庭も増えています。
創造的な人間に育てたいと考える親御さんには情操教育教室が最適で、道徳的な意識や価値観を身につけられるのが魅力です。
活発な性格のお子さんに育てたい時には、水泳や体操やダンスなどを学べる運動教室が役に立ちます。
丈夫な肉体を作るだけでなく身体を動かす楽しさを教えてもらえて、周囲の子供とスポーツを楽しむコツなども理解できるのが便利です。
歌が躍起の演奏だけでなくリトミックなども学べる音楽教室も人気があり、小さいころから音感を身につけることで将来性のある才能が身につきます。
造形教室や絵画教室に通う事によって創造力を育てることができて、指先が器用になるところも注目されており、自己表現力を高めたい時にもおすすめの幼児教室です。

幼児教室で英語教育を受けるメリットと活用法

幼児教室で英語教育を受ける場合のメリットとして、早くから触れることで英語への抵抗感が少なくなる点や、音の聞き分けをスムーズにできるようになる点があげられます。
特にネイティブな英語に触れる機会が増えると、本格的な聞き分けができるようになりますし、リスニングの能力だけでなくスピーキングの能力も高めることが可能です。また、英語を英語のまま理解できるようになったり、多様性が身につくこともメリットと言われています。豊かな感情表現ができるようになり、それがコミュニケーション能力の向上につながるという声もあります。このように実にたくさんのメリットがありますので、早期教育の一環で幼児教室で触れているのはとても良い方法です。いくつかの幼児教室で迷っている時にも選ぶ際のポイントとしてあげられることが多く、どの程度の教育がなされているかは実際に通っている子供たちを見ることで大体分かります。ですから、一度見学に行ってから決めることをお勧めします。

右脳教育を実践する幼児教室の試みとその内容

幼児教室では様々な教育が行われており、最近では芸術面も盛んです。中には右脳教育を実践するところもあり、子供の能力や可能性を引き出すのに役立つとされています。
実際に幼児教室でどのようなことが行われているのかというと、よくあるのがフラッシュカードです。フラッシュカードとは物の名前や数字、漢字、ことわざ等を書いたカードを読み上げながら、高速でめくっていく教育法です。絵や文字を高速で見せていくと、言語や論理的な思考をつかさどる左脳では判断が追いつきません。そのような状況になると右脳が優位になり、働きを引き出すことができます。幼児期にフラッシュカードを用いた教育が向いていると言われるのは、資格から情報をインプットするのがスムーズな時期だからです。脳の発達も著しい時期ですので、上手に活用できれば能力を開花させることができます。それ以外にもたくさんの手法が取り入れられていて、カリキュラムが非常に充実しています。

幼児教室に通って小学校受験対策を始める時期

小学校受験対策として幼児教室に通い始める場合、3歳ごろからスタートするご家庭が多いようです。それぞれのご家庭の状況によってもタイミングは異なりますが、遅くとも年中の秋までには始める必要があります。
その時期に始めればまだ受験までは1年あり、しっかりとした準備ができます。幼児教室では受験に関するノウハウを教えてくれて、何を身に付けておくべきかも指導しますので、その方針に従って進めていけば受験までには必要なことを習得することが可能です。ただし、実際に受ける側がきちんとした心構えができていないと上手くいきませんので、家庭内の環境を整えたり、家族皆が一丸となって受験に臨むような姿勢を作ることも忘れてはいけません。子供のやる気を引き出すのはご家族の役目であり、やる気になった時に十分にこたえられるような状況を作っておきたいところです。実際の入試は、中学や高校の試験のようにペーパーテストだけでなく、行動観察や運動等の日常生活に関係することや親子面接も含まれます。

幼児教室に通わせて速読術を習得させるメリット

幼児が進学して小学校受験や高校受験、大学受験などさせたいと思っている親御さんは、文章問題を速読できると文章を読む時間を短縮させることができます。
問題を解く時間に費やすことができるので受験には画期的です。受験だけでなく読書が好きな方には大変おすすめしたい速読術です。速読を習得できると一冊の本を読み終わるまでの時間がかなり短縮できますので、多くの本を読むことができます。今まで本を読むのが嫌いだった方や感想文を書くのが苦手な方も、速読術を習得できれば読書が苦手な方、嫌いな方も興味を持つようになります。文章を読むことに愛して抵抗感がなくなっていくので、学校での授業でも効率よく勉強ができるはずです。幼児教室では速読を行っているところも多いですが、幼児の脳はとても能率が活性化されている時期なので、この時期に速読を習得できれば、親御さんも子供の将来が楽しみになってきます。幼児教室で速読を行うのは、理解度をアップできる点です。多くの情報処理力がアップしますのでトレーニングをすることで、潜在能力を引き出したりできます。

独自性のあるカリキュラムを実践する幼児教室を探す

幼児教室を探す時には理念や指導方法、受験対策の内容や合格実績等様々な点に注目しますが、なかには独自性のあるカリキュラムを作成して他とは異なる教育を行うところもあります。
カリキュラムに関してこだわりのある幼児教室では子供のことをよく研究している傾向にありますし、目的に合わせた教育ができるのもうれしいところです。コンセプトによって合うところと合わないところとがありますので、まずは検討している幼児教室の内容をしっかりと調べて、そのコンセプトに賛同できるようなら見学にいきます。親の方が乗り気でも、子供と一緒に行ってみるとあまりなじめなかったというケースも多々あり、なじめない幼児教室に通い続けるのは精神的ストレスが大きくなるのでお勧めできません。最近では勉強だけでなくピアノや絵画、ダンス等の力を入れている教室も増えていて、学習関連では英語に重点を置いたカリキュラムになっているようです。英語はネイティブスピーカーに触れることで、大きく伸びます。

幼児の習い事

幼児教室

新着情報

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>幼児教室で英語教育を受けるメリットと活用法
>右脳教育を実践する幼児教室の試みとその内容
>幼児教室に通って小学校受験対策を始める時期
>幼児教室に通わせて速読術を習得させるメリット
>独自性のあるカリキュラムを実践する幼児教室を探す

◎2021/2/26

通う前に口コミもチェックのページを追加

◎2021/2/26

サイト公開しました

「幼児 幼稚園」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他3人公立幼稚園を元知事さんがどんどん私立化し、子育て施設を削減していきました。保育園は正社員のみしか入れない状態。大阪市の3歳の子供達が入園できるのは私立幼稚園のみです。その結果金儲け主義で、虐待するような管理のずさんな幼稚園が増える。その皺寄せを受けるのは幼児です。何とかして下さい

返信先:公立幼稚園を元知事さんがどんどん私立化し、子育て施設を削減していきました。保育園は正社員のみしか入れない状態。大阪市の3歳の子供達が入園できるのは私立幼稚園のみです。その結果金儲け主義で、虐待するような管理のずさんな幼稚園が増える。その皺寄せを受けるのは幼児です。何とかして下さい

【ダンス・保育】ぼくたちぶどう / 鈴木翼・福田翔 [体操/幼稚園/幼児/乳児/フルーツ/くだもの/秋/子育て/こどものうた]

ツイッターは幼稚園ではなく幼児返りしてしまったボケ老人達が集まる養介護人優先老人ホームなのだ

また,幼稚園の目的の達成に資するため,幼児の生活全体が豊かなものとなるよう家庭や地域における幼児期の教育の支援に努めること。